「アップサイクル。」

「アップサイクル。」とは?

廃材をアップサイクル(不要になったモノを使って、より良い製品を作る)することで、ゴミや再利用のためのエネルギーを削減することができます。2023年から手掛けている「アップサイクル。」シリーズは、不要になったアクリル板やガラス板を使用しています。廃材に「美しさ」という価値を与え、リサイクルの終着点となることを期待して「。」をつけて表記しています。

※アクリル板やガラス板を譲っていただける方、随時募集しています。(買取いたします。ご寄付いただける場合は、ご希望の方に小作品を差し上げます)詳しくはメールでご連絡ください。

<ガラス絵>

古い額縁のガラスを転用して、蜜ろうとオイルパステル 、アキーラなどを使って制作しています。

辻堂海岸の夕陽

Setting sun of the Tsujido Coast

ガラス板に蜜ろう、オイルパステル/2024


太陽の滴

Drop of the sun

ガラス板に蜜ろう、オイルパステル/2024


『ゆれる影の記憶』2024

※作品の詳しい説明はこちら


<ペットボトルや食品トレイなど>

『巣食う虫のあと』

600×600/ 卵のプラスチックケース、発泡スチロール/2024



<コロナ下で使用していたアクリル板など>

『いきものたちの呼吸』

コロナ下で使用していたアクリル板、パッケージに使用されていたプラスチック、発泡スチロール、アクリル絵具など/2024

くわしくはこちら


momentum

210×297/額で使っていたアクリル板、アクリル絵具/2023